自己紹介

タニモト オトジロウ Tanimoto Otojiro

2000年6月23日 生まれ 18歳
佐賀県鳥栖市出身

近年、日本バイクレース年齢層の上昇の中でジュニア時代までは親支援の下レース活動を行い、社会人になるときに引退するライダーがほとんどだと思います。わたくしもスピードハートレーシングチームと出会う前は「もうロードレースはできない」と考えていました。

ジュニアからステップできる機会は周りのご支援いただける方々やチームのおかげで2019年レース活動を行えるチャンスを頂けることになりました。当チームの所属になることで「レースは自分一人で行っているのではなくチームで戦うこと」を学びました。

地元九州ロードレースでは親に頼りっきりでレース活動を行ってきましたが、当チーム所属になりマシンに多くの人が関わりマシンを万全な体制で送り出してくれる環境を2018年初めて経験しました。
2019年春に高校を卒業してスピードハートレーシングチームの母体キューズプランニング有限会社へ2019年4月より就職、開発ライダーとして勉強を行いながらモータースポーツに携わっていきます。

2019年はスピードハートレーシングチームからの推薦でドッグファイトレーシングYAMAHAよりMFJ併催JP250クラスにてフルエントリーを予定しています。ドッグファイトレーシングでは5年計画でアジア選手権ASB1000へ出場できるようにトライしていきます。
多くの皆さまへ感動とスポンサー様イメージ向上に努力します。

Otojiro History

2007年よりポケバイ始める 全日本ポケバイ選手権 ビギナークラス 3位
2008年西日本まるち杯 ポケバイ 1勝
     ライディングスポーツカップ ポケバイ シリーズチャンピオン
2011年ミニバイクを始める NANKAImini-MAX4時間耐久 準優勝
     バイクブロス杯2.5Hミニバイク耐久 優勝
2012年九州を中心にレース活動を行う
     2012~2015 SuperドリームSunday 
     表彰台2回 優勝2回
2015年NANKAImini-MAX4時間耐久 優勝
2016年J-GP3に挑戦 九州ロード選手権 シリーズチャンピオン獲得
     鈴鹿サンデーロードレース参戦 シリーズ12位
2017年鈴鹿サンデーロードレース参戦 シリーズ14位
     フィリピンレース MTRT主催レースにてCBR150 
     YAMAHAワンメイクレースに出場
2018年鈴鹿サンデーロードレース JP250参戦 フィリピンレース MTRT主催レース参戦
     九州ロード選手権 シリーズチャンピオン獲得 国際ライダーに昇格決定
2019年キューズプランニング有限会社入社 ドックファイトレーシングYAMAHAと契約